テレビは、年々大きく高画質な映像を楽しめるものへと進化していっています。その中でも、高画質でリアルな映像を楽しめるとして話題を集めているのが「4Kテレビ」です。

家電店でも目を引く4Kテレビですが、これまでのテレビとは何が違うのでしょうか?4Kテレビユーザーの私がに詳しく解説していきます。

4Kテレビとは

現在高精細度テレビと言えば、フルハイビジョンと考える人も多いかもしれませんが、4Kテレビはそのフルハイビジョンに次ぐ次世代の高精細度テレビです。

水平画素が約4000となり、4Kという単位で表されるので4Kテレビと呼ばれています。フルハイビジョンの4倍もの画素数で、美しい色彩やリアルな画像を楽しむことができるのです。

これまでのテレビは、画面が大きくなるほど1画素の面積が大きくなるため画素が荒く感じられていましたが、4Kテレビでは画素数が4倍だからこそ大画面でも美しい画質を再現できます。

4Kテレビのメリット

4Kテレビを販売している家電メーカーはたくさんありますが、4Kテレビを選ぶメリットはどういったものがあるのでしょうか。

大画面での映像の美しさ

やはり最大の魅力は高精細度による映像の美しさでしょう。しかも4Kテレビは、画面が大きくなるほど映像の美しさを実感することができます。

画面が大きくなるほど画素数が増えるため、これまでのテレビでは点の粗さが気になっていました。

しかし、4Kテレビの場合は画素の粗さが気にならないので、近距離でも美しい画像を見ることができるのです。フルハイビジョンでは2mが視聴距離でしたが、4Kテレビは1mでも画素の点も気にならず映像がぼやけることもありません。

映像の臨場感を味わえる

4Kテレビは映像が美しいだけでなく、色彩も綺麗に引き立たしてくれます。

明るい色だけでなく、ハイビジョンでは出せない暗い色のシーンも、美しいコントラストで再現してくれます。そのため奥行きのある臨場感ある映像を楽しむことができるのです。

4K放送に対応できる

4K放送の受信チューナーが本体に内蔵されている4Kテレビでは、映像と音を共に楽しめます。
4K放送では、映像のシーンに合わせた臨場感あるサウンドが楽しめる5.1チャンネルのサウンドにより360度から音が聞こえてくるような迫力が味わえるのです。

高画質のリアル画像と、臨場感あるサウンドで、その場にいるような感覚を楽しめます。
2020年の東京オリンピックを楽しむのにも最適でしょう。

4K非対応のコンテンツも4Kに変換できる

アップコンバート機能のある4Kテレビでは、4K解像度ではないDVDやブルーレイなどを4K相当の高画像に変換してくれます。そのため、昔録画した番組なども美しい画質で見ることができるのです。

ブルーレイやDVDの映画も、立体感のある高画質で楽しむことができるので、古い作品を見る時も画素が荒くてストレスになることがありません。

4Kテレビのデメリット

テレビを大画面で画質良く楽しんだり、臨場感あるスポーツ観戦や映画鑑賞には4Kテレビがおすすめであることが分かりました。しかし一方で、4Kテレビにもデメリットや注意点があります。

まだまだ4Kに対応しているコンテンツが少ない

4Kテレビの画質の良さを楽しむには、放送されるコンテンツが4K映像でなくてはいけません。

2020年の東京オリンピックに向けて、2018年の秋までにはBSやケーブルテレビにて4Kの実用放送が予定されていますが、現段階では地上波はフルハイビジョンです。

スカパーなどの有料放送では一部4K対応コンテンツが配信されていますが、地上波では4K放送の予定はありません。

チューナーやアンテナなどを別で必要とする場合がある

4Kテレビには二種類のタイプがあり、4K放送を見るためのチューナーが内蔵されている4Kテレビと、チューナーが内蔵されていない4K対応テレビがあります。

4K対応テレビは4K映像を楽しむことは出来るものの、チューナーが内蔵されていないので、4K放送を見たい場合は別途チューナーを購入しなくてはいけません。

また、アンテナは既にBSアンテナを持っている人もいるかもしれませんが、4Kテレビにはまた別でアンテナを購入しなくてはいけません。

4K映像以外の場合は画質が悪くなる

4Kテレビは4K映像を美しく映し出すテレビなので、4K映像でなければそのメリットを発揮することができません。

高画質のテレビで古い映像を見るとぼやけてしまうように、4Kテレビで4K映像以外を映すと画質が悪くなってしまいます。これを回避するには、メリットでも説明したアップコンバート機能が必要になります。

アップコンバート機能があれば、4K映像ではないものの4K映像に近付けることができるので、高画質を再現できます。

4Kテレビをネット接続してできる事

インターネットは、パソコンやスマホで楽しむ以外にも、テレビでネットを楽しむ人も多くなっています。

インターネットの普及は今では当たり前のようになってきていますし、ネットをテレビに接続すれば、より一層楽しめます。4Kテレビにネットを接続すれば、どのようなことができるのでしょうか?

メリットや接続方法について詳しく解説していきます。

4Kテレビをネットに接続してできること

4Kテレビと言えば、高画質で画素の粗さを気にせずに楽しむことができます。しかし、ただテレビの視聴を楽しむだけでは勿体ないと思いませんか?

ネットに接続すれば、テレビ視聴以外のことを楽しむことができるようになります。リアルに臨場感ある映像を楽しめる4Kテレビだからこそ、楽しめることを活用したいものです。

また、4Kテレビは容量が大きいためネット回線はモバイル端末ですとあっという間に利用制限にかかってしまいますので光回線で使った方がいいでしょう。我が家では4Kテレビの大容量に強いと勧められたこともあり、色々な評判を調べた末にNURO光を使っています。NURO光ユーザーが悪い評判とSo-netの対応にも言及しているホームページです⇒NURO光の悪い評判と良い評判まとめ

ネットを大画面で使える

テレビにネットを接続すれば、パソコンやスマホ同様にテレビの画面にてインターネット検索などネットでできること全てが可能になります。
リモコンで操作をし、パソコンディスプレイのようにテレビ画面に大画面表示することができるのです。

しかも、キーボードを接続すれば、より一層検索を簡単にできるようになります。

大きな画面でインターネットが使用できるようになるため、数人で一緒にネットを確認したい時や、パソコンを机に置くスペースがない時でもテレビ1つでパソコンの代用ができるのです。

また、テレビ機能によってはインターネット検索をしながら、テレビ視聴を楽しめる機能もあります。
そうすれば、テレビ視聴しながら気になることをインターネット検索も可能になるのです。

ネット動画の視聴

インターネット上にアップされている世界中の動画をテレビ画面で楽しむことができます。YouTubeはもちろん、地上波などでは見られない動画を見ることができるのです。

パソコンやスマホでは動画を見るには小さいいので、テレビを視聴するようにネット動画を大画面に映し出せます。ネット動画だからといって画質が悪いわけではなく、綺麗な画質で動画を視聴できます。

ただテレビを視聴するだけでなく、ネットに対応できるように作られたテレビが大半です。そのため、リモコンの音声検索で動画を簡単検索できたり、動画配信サービスにリモコン操作1つでアクセスすることができる機能が搭載されたテレビもあります。

VOD視聴

VOD(ビデオオンデマンド)と呼ばれる動画視聴を楽しめるのも、テレビをネットに接続して楽しめるメリットです。VODは、映画やドラマを配信しているコンテンツで、有料になるものの見たい映画やドラマなどの映像を楽しめます。

そのためレンタルショップに行く手間も省けますし、好きな時間に好きなタイミングで視聴ができます。

民法が連携したVODコンテンツもあるので、録画を忘れてしまっても番組やドラマを再度視聴することもできます。もちろんアニメやバラエティー、音楽やスポーツなどさまざまなコンテンツがあるため家族全員が楽しめると言えるでしょう。

スマホやインターネットでも視聴できますが、やはり映画やドラマであればテレビの大画面で視聴した方が臨場感を感じられます。また、4KVODサービスもあるので、高画質の4K映像を大画面で視聴できます。

高音質のスピーカーなど搭載していれば、映像に合わせた大迫力の音質までも楽しめるのです。

ネットショッピング

インターネットをパソコンに繋げることで、ネットでできることがテレビ画面からできるようになるため、ネットショッピングもテレビ画面から可能になります。

テレビ画面でネットショッピングを行う利点としては、やはり商品を大きい画面で確認ができるということです。ネットショッピングは実際に商品をみることができなので、商品をじっくりと検討したいと思う人が多いでしょう。

テレビの大画面で商品を確認すれば、細かい部分まで大きな画面で見ることができるので、デザインや色など詳細を知ることができます。
ゆっくりとネットショッピングを楽しみ、詳細を検討したいという人にピッタリです。

dボタンを一層活用できる

テレビのリモコンにあるdボタンですが、インターネットに接続することで、dボタンをより便利に楽しく活用できるようになります。クイズ番組の解答や、年末の紅白歌合戦の投票など番組に参加できるようになるのです。

また、ドラマ情報なども知ることも可能になります。天気予報に関しては、自宅近辺のより細かい天気を知ることができたり、1時間ごとの天気の変化をしることまで可能です。

テレビをインターネットに接続する方法?

テレビをインターネットに接続してできることは分かりましたが、そでは、実際に接続するにはどのような手順が必要なのでしょうか?

インターネットに対応しているか確認

まずは、お手持ちのテレビがインターネットに対応しているかを確認します。
テレビの取り扱い説明書などに記載されていますが、見当たらない場合は製造元や購入店舗に問い合わせると確認できます。

これからテレビを購入しようと考えている場合は、インターネット対応かを確認してから購入しましょう。
地デジ対応のテレビであれば、大抵の場合はネットワーク機能に対応しています。

無線LANもしくは有線LANを接続する

インターネット対応しているか確認する時に、無線LANか有線LANのどちらに対応しているかも確認が必要になります。無線LANであれば、LANケーブルを必要としません。テレビリモコンを使用して、画面の指示通りに進めて行くだけなので比較的簡単です。

一方で、有線LANの場合はルーターとテレビをLANケーブルで接続しなくてはなりません。そのため、LANケーブルを準備しなくてはいけないのですが、テレビとルーターとの距離を考えて長さを選ぶ必要があります。

テレビの背面や側面にLANポートがあるので、片方をLANポートに差し込みます。もう一方をルーターのLANポートに差し込み、画面の指示通りに進めて行きます。難しい場合は有料になりますが業者に頼むこともできます。

また、無線LANを内蔵していないテレビの場合でも、USBポートで無線LANに接続することができるようになります。
その場合は、USB無線LANアダプターを準備する必要性があります。

4Kテレビの録画や容量は?

4Kテレビの録画機能は、USBを使用したり外付けHDDを利用して録画することができます

テレビ毎に機能や容量は違いますし、3チューナー対応や横断抽出に関してもそれぞれ違い3チューナー搭載していても、3番組同時に録画できるとも限りませんので、事前に確認が必要です。

ただし、4K放送に関してはまだ録画が可能になるかは不明です。スカパーなどの有料チャンネルで配信されている4K映像は、HDD録画が現段階で可能です。

4Kテレビの特徴のまとめ

4Kテレビは、鮮やかな色彩で高画質をリアルに楽しめるテレビです。ただし、チューナーが内蔵されているのかどうか、アップコンバート機能や録画機能については確認が必要です。

もちろん価格も比較対象になりますが、後からチューナーなどを追加で購入すれば、もっと費用がかかってしまう場合もあるのです。
これから4Kテレビを購入しようと考えている人は、メリットとデメリットを確認した上で各家電メーカーの4Kテレビを比較してみてください。

4Kテレビでネット接続を設定しておけば、大画面でさまざまな映像やコンテンツを楽しめるようになります。テレビだけでなく、大画面のパソコンとして使用できるようになるので、家族みんなでテレビをより一層活用できるようになるでしょう。

4Kテレビだからこそ、大画面で高画質と鮮やかな色彩を実現できるので、ネット接続で映画やドラマなどの映像を映画館のように自宅で楽しみましょう。