これから4K放送の実用放送がBSやCSで始まるにあたって、4Kテレビの購入を検討する人も増えているでしょう。

4Kテレビには、チューナーが内蔵されているものと、チューナーを別途購入して設置するものがあります。チューナーは別途購入するとどれくらいの価格なのか、それとも内蔵されたものを購入した方がいいのか詳しく見ていきましょう。

4Kテレビチューナーとは

4Kテレビのチューナーとは、どういったもので、4Kテレビには必ず必要なものなのでしょうか?まずは4Kテレビのチューナーについて詳しく見ていきましょう。

チューナーとは、テレビ受信するために必要な機材になりますが、4Kテレビチューナーは、4Kテレビで4K映像を受信するためのチューナーになります。

4Kテレビはこれまでのテレビに比べると高画質ということが最大の特徴ですが、地上波が高画質に映るわけではありません。4Kテレビで映像を綺麗に映すには4K映像でなくてはなりません。

もちろん地上波などの4K映像でない映像を4K映像に近い映像に自動変換する機材もありますが、チューナーがあれば変換機なしで4K放送を楽しむことができます。

チューナー内蔵の有無の違い

4Kテレビは、「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」の2種類があります。似たような名前なので同じものだと勘違いする人もいますが、全く違ったものになります。

4K放送を視聴するには、チューナーが必要となり、「4Kテレビ」はチューナーが内蔵されています。しかし、「4K対応テレビ」は4K映像に対応しているだけであり、チューナーが内蔵されていないのです。

そのため、4K対応テレビで4K放送を視聴するには、別途チューナーを購入して外付けする必要があります。チューナー内蔵の有無を確認せずに4Kテレビを購入すると、後からチューナーが必要だったと分かって購入が必要になる場合があるので、チューナーに関しては内蔵の有無の確認が必ず必要です。

4K衛星放送を見るには?

BSやCSの衛星放送をすでに2Kテレビで視聴している場合、2KBSアンテナを持っていることでしょう。

4Kテレビと4Kテレビチューナーがあれば、4K衛星放送も視聴できると勘違いされることも多くなっていますが、これまでの衛星放送同様、衛生放送を視聴するには別途アンテナが必要になります。

既存のBSアンテナを持っていて、4Kテレビとチューナーを持っている場合、現行の2K放送と一部の4K放送のみが視聴できるようになります。4K衛星放送を全て視聴したい場合は、新たに2K・4K・8K対応BSアンテナを準備する必要性があります。

見られる番組が既存のアンテナの場合は限られてしまうので、見たい番組を確認してアンテナを準備するようにしましょう。

4K放送が開始されると2Kチューナーはどうなる?

4K放送が始まると、既存の2Kテレビで2Kチューナーを受信した放送は見られなくなるのかと不安になる人もいるかもしれませんが、そのままハイビジョンで視聴することができます。

そのため、2Kテレビでもテレビの視聴自体は問題ありません。

4Kテレビチューナーは4Kテレビ用なので、2Kテレビに対応しているわけではありません。4K映像や4K放送を楽しみたい場合には、4Kテレビに買い替えることから始めなくてはいけません。

4Kテレビのチューナーの販売日や価格相場は?

2016年3月21日に終了した4K試験放送(Channel4K)に対応したチューナーがソニーから販売されていましたが、販売が終了しました。

本格的な4K放送開始に向けて、夏もしくは秋頃に4K放送視聴できるチューナーが販売される予定になっています。価格は2万円前後が相場となる予定なので、後付けチューナーとして購入しても比較的費用は抑えることができます。

HDDチューナー程度の大きさとなり、録画などにも対応したものも発売予定です。

4Kチューナー内蔵テレビの発売は?

4K放送が受信できるチューナーを内蔵した4Kテレビは、既に各社販売を予定しています。4K放送配信に向けて、これからより一層チューナー内蔵型が増えてくるでしょう。

チューナー内蔵型は、チューナーが内蔵されていない4K対応テレビに比べると価格が少し高くなると予想されています。チューナー内蔵型を購入すれば、これから4K放送が普及していくことに対応することができます。

既に4K対応テレビを購入している場合は、チューナーのみを購入すれば対応できますが、これから4K放送を本格的に楽しみたい場合は内蔵型の4Kテレビを購入するのが良いでしょう。

チューナー内蔵発売まで待つべき?

今新しくテレビを買い替えようとすると、フルHDの2K製品の価格も落ち着いてきていますが、最新の4Kテレビが魅力的に感じられます。

画質や今後の放送などを考えることなく、とりあえずテレビが映れば良いという場合や価格面のみに重点をあてるのであれば、2Kテレビでも問題ないでしょう。

しかし、高画質でテレビを視聴したい場合や、これからの4K放送開始に合わせるのであれば4Kテレビがおすすめと言えます。

テレビは頻繁に買い替えるものではないので、今2Kテレビを手っ取り早く購入するよりも、将来長く使用することを見据えて大画面で高画質を楽しめる4Kテレビの購入が適切です。

チューナー内蔵の有無について重要視して選ぶよりも、画質や機能性などに重点を置いて選んでください。チューナーは外付けが可能なので、機能性など必要なものを優先させた方が納得のできるテレビを選ぶことができるでしょう。

そのため、チューナー内蔵のテレビの発売を待つよりも、機能面で気に入った4K対応テレビを見つけたのであればチューナー内蔵型を待たなくても良いでしょう。

まとめ

今すぐテレビを購入する場合、4K対応テレビを購入しておけば、将来4K放送が始まった時にチューナーを準備すれば対応することができます。
まだ購入を悩んでいる場合は、チューナー内蔵の4Kテレビの発売を待つのも良いでしょう。

いずれにしても、4K放送の開始と共にさまざまなチューナーやチューナー内蔵テレビが販売されるので、買い時であると言えます。