現在テレビと言えば、ハイビジョンだけではなく4Kや8Kなどどんどん最新のものが販売されており、画素の高さも進化しています。

その中でも今話題になっているのが4Kテレビですが、4Kテレビに買い替えるにはどのタイミングが良いのでしょうか?4Kテレビの買い時について解説していきます。

ハイビジョンと4Kテレビの違い

現在ハイビジョン(2Kテレビ)を視聴している人が多いと思いますが、そもそも4Kテレビとの違いはどういった点なのでしょうか?
買い時を知る前に、違いを知った上で購入を検討しなくてはいけません。

画質

ハイビジョンと4Kテレビを比べた時に、最も大きな違いが出る部分が画質です。細かい部分まで鮮明に見ることができますし、色彩も鮮やかになります。ハイビジョン以上に臨場感のある画像を楽しむことができるのです。

至近距離での視聴

4Kテレビでは、画素の点が目立ちにくくなるため、至近距離で視聴した際にも、画素の粗さが目立ちにくくなります。

ハイビジョンの場合至近距離での視聴は画素の粗さが目立ち、見ていることが辛くなります。しかし、4Kテレビは近距離でも画素の粗さが気にならないので、距離を開けて見られない場合でも最適なのです。

大画面での画質

ハイビジョンの場合、大画面で視聴すると画素の粗さが気になってしまいますが、4Kテレビは大画面でも画素の粗さを気にすること無く楽しめます。

そのため、ハイビジョンの場合は40インチくらいのサイズで綺麗な画質を楽しめますが、4Kテレビであれば40インチ以上の大きな画面での画質を楽しむことができるのです。

どんな人が4Kテレビに向いているのか?

ハイビジョンと4Kテレビの違いについて見て分かるように、4Kテレビは大画面で高画質を視聴できるテレビです。

ハイビジョンから4Kテレビに本当に買い替えが必要なのかと悩んでいる人も多いと思います。そこで、どんな人が4Kテレビに向いているのか見てみましょう。

視聴距離関係なく綺麗な画面を見たい

居間や寝室、部屋の広さによってテレビの視聴距離は変わってきます。

テレビとの視聴距離の理想は、画面の高さの3倍離れた距離と言われていますが、これはハイビジョンの場合です。

4Kテレビでは視聴距離を気にすること無く綺麗な画面を見ることができるので、視聴距離を気にすること無く高画質でテレビを見たい人におすすめでしょう。

大画面でテレビ視聴したい

4Kテレビの魅力である大画面での高画質は、ハイビジョンの大画面での画質を大きく上回ります。そのため、大画面で映画やスポーツなど迫力ある高画質で楽しみたい人には最適です。

4K放送を視聴したい

現在テレビ視聴の大半が地上波ですが、これから4K放送が始まるので4Kテレビでの4K放送を視聴することが可能になります。

4K放送は4Kテレビのみで、高画質のテレビ視聴が可能となるので、4K放送を楽しみたい場合は4Kテレビや4K対応テレビの購入が必須になります。

4Kテレビと8Kテレビどちらを買うべき?

これから4K放送の本格視聴がスタートするにあたって4Kテレビの買い替えを悩む人も増えていますが、8Kテレビの存在も無視できません。
4Kテレビと8Kテレビとではどういった点に違いがあり、どちらのテレビが良いのでしょうか?

ハイビジョンテレビの4倍の画素数が4Kテレビですが、更にその4倍の画素数に8Kテレビはなるのです。100インチクラスの大画面でも画素の粗さを全く感じずに、高画質を楽しむことができるテレビと言えます。

8Kテレビはテレビの中でも最も高画質で、最新鋭のものです。ただし、8Kテレビの場合は大画面での販売が中心になりますし、家庭で楽しむのであれば価格面や画面のサイズを考えても4Kテレビで十分と言えるでしょう。

4Kテレビはいつが買い時?

ハイビジョンや8Kテレビと4Kテレビを比べてきましたが、やはりこれからは4Kテレビが最も最適であり、需要が増えると言えるでしょう。それでは4Kテレビを買うならいつが買い時なのでしょうか?

今すぐ買っても大丈夫?

今すぐ4Kテレビに買い替えたいという人もいると思います。現在では、4K放送を視聴するためのチューナーが内蔵されているテレビの発売は少なく、本格的に発売されるのは秋頃が目安になります。

しかし、4K対応テレビが現在では販売されているので、4K放送の視聴したい場合は後からチューナーのみを購入すれば良いのです。そのため、今欲しい4Kテレビがあるであれば、購入しても問題ありません。

しかし、これから内蔵テレビなど種類も豊富に販売されるので、現在のテレビが壊れているということでなければ、秋まで様子を見て待つべきと言えるでしょう。

4K放送開始に合わせる

買い時は4K放送の開始のタイミングです。4K放送開始に向けて4K放送を受信できるチューナーや、チューナー内蔵テレビなど新しい商品もたくさん販売されます。

そこに合わせて購入すれば、豊富な種類の中から選ぶことができますし、機能性も高いものを購入することができるでしょう。

価格に関しても、新しいものが発売されれば、それ以前に発売されていたタイプの値下げも期待できるので価格面でも抑えて購入できる可能性があります。

オリンピックに合わせる

テレビの買い替え時の大きなタイミングは、オリンピックのタイミングと言われています。

オリンピックが行われる毎に、やはり高画質で迫力のある競技が見たいとテレビを最新のものに買い替える人も多くなっています。東京オリンピックを4Kや8Kテレビで視聴すれば、大画面で高画質を楽しめるので、臨場感ある競技を視聴することが可能になります。

このタイミングで買い替える人も多くなるので、新しいデザインはもちろんですが、価格面でもお買い得に購入できる可能性が高くなります。

まとめ

4Kテレビの買い替えの時期は、今すぐよりは秋の4K放送視聴に合わせて発売される最新タイプを待ちながら考えるのが最適でしょう。

そうすれば、オリンピックまでに4K映像を楽しめますし、オリンピックも4K映像で視聴することができます。これから秋に向けて、チューナー内蔵の4Kテレビの発売から目が離せません。