今テレビの中でも大画面を高画質で視聴することができるテレビとして、「4Kテレビ」が注目されています。

秋からの4K放送開始に向けても、より注目の高くなる4Kテレビですが、4Kテレビを選ぶ際にはどういった点に注目したら良いのでしょうか?
利用用途別のおすすめ機能も共に紹介していきます。

4Kテレビを選ぶメリット

4Kテレビの選び方を知る前に、まずはハイビジョンではなく4Kテレビを選ぶ事のメリットについて見ていきましょう。今テレビを購入するのであれば、ハイビジョンよりも4Kテレビの方が良いのでしょうか?

画質が綺麗

ハイビジョンよりも4Kテレビを選ぶ最大の魅力は、高画質という点です。

ハイビジョンの4倍の美しさの映像を楽しめるのですから、これからテレビを購入するのであれば画質の綺麗な4Kテレビがおすすめと言えます。
色彩の美しさや細かい部分までハッキリ見えるだけでなく、暗い色の表現も綺麗なので立体的に画面を見ることができます。

大画面向きの画質

ハイビジョンでは大画面で視聴すると画素の粗さが気になり、テレビ特有の『点』が気になります。

しかし4Kテレビの場合、画素の粗さが気にならないので大画面でも同じ画素数が粗く映らないのが特徴です。そのため大画面での視聴に4Kテレビは最適なのです。

4K放送に対応

これから放送開始予定の4K放送は、4Kテレビだからこそ綺麗に画像を視聴することができます。

もちろんこれまでの地上波の視聴に問題はありませんが、4K放送も楽しみたいと考える場合は4Kテレビを購入しなければ4K放送を視聴することができません。

4Kテレビの選び方

4Kテレビを購入するメリットを理解した上で、4Kテレビを選ぶ時に注目すべきポイントを見ていきましょう。多種多様な4Kテレビがこれから販売されていくので、ポイントを抑えて4Kテレビを選びましょう。

4Kテレビか4K対応テレビか?

まず最初に注目すべき点は、「4Kテレビ」であるのか「4K対応テレビ」なのかという点です。名前が似ているので同じものだと混同してしまいがちですが、全く違うものになります。

どちらも4K映像を視聴することができるテレビですが、4Kテレビと違って4K対応テレビの場合は4K放送を視聴するためのチューナーが内蔵されていません。

そのため、4K対応テレビを購入した場合に4K放送を視聴する場合は、外付けチューナーを購入する必要があります。

映像変換機能

4Kテレビは4K映像を美しく映すテレビです。そのため、そのまま地上波や古い録画したDVDなどをそのまま視聴しても画像は美しくありません。

しかし、4Kテレビには自動で映像を4K映像相当に変換する機能が付いています。

そのため地上波やブルーレイなども4K映像相当の美しい画質で視聴することができるのです。この自動変換機能は、各社販売されている4Kテレビによって内容が違うので、確認が必要です。

録画機能と保存容量

外付けHDDを接続すれば録画できることが大半なので、既に外付けHDDを持っている人も多いと思います。

テレビの機種によっては使用できるHDDの容量に制限があることもあるので、確認が必要です。録画機能付きの場合も容量は機種によって違うので、録画を頻繁に使用する場合は気をつけなくてはいけません。

ディスプレイの種類

液晶はこれまでのテレビの主流である画面で、色の付いたフィルターにバックライトを当てて映像を映しています。一方で、有機ELは、有機化合物に電圧をかけて発光させる仕組みのテレビです。

有機ELが注目されるようになったのは数年前からと歴史は浅めですが、有機ELの場合非常にテレビ自体を薄くすることができます。

液晶と違って背面にバックライトを入れたりする空間が必要ないため、非常に薄いテレビを実現できるのです。しかも少ないエネルギーで発行させるため省エネであることからも注目されています。

バックライトの方式

ディスプレイに有機ELを選択した場合は関係がありませんが、液晶の場合バックライトの方式が2種類あります。

LEDバックライトを背面の周辺に配置しているものを「エッジ型」と言い、少ないLEDで画面表示するので省エネであることが特徴です。
しかも、薄型化しやすいので、液晶の薄型に多く用いられています。

一方で、「直下型」は、背面に敷き詰めるようにしてLEDバックライトを設置します。そのためエッジ型に比べると、発光量を制御しやすくなるので、コントラストが美しく映されます。

利用用途別のおすすめは?

4Kテレビの選び方を見てきましたが、テレビ視聴の利用用途は人によって様々です。利用用途別のおすすめ4Kテレビはどういったものなのでしょうか?

家族で4Kテレビを楽しむ

家族で4Kテレビを楽しむ場合、映画やドラマ、バラエティなどさまざまなジャンルのテレビを多く視聴するので、録画機能の整ったタイプを選ぶと良いでしょう。

また家族の人数が多ければ、正面からだけでなく至近距離や横からもテレビ視聴を行うことがあるので、どの角度からも綺麗に見ることができる有機ELをおすすめします。

子供も楽しむ

子供のいる家庭の場合、ネットコンテンツが豊富な機種を選ぶとアニメや動画を楽しむことができます。また、低残像タイプのものを選ぶと、ゲームをする時にも美しい画像と迫力でプレイすることができます。

スポーツ観戦

まず東京オリンピックの観戦を楽しむのであれば、4K放送を受信できるチューナー内蔵タイプを選ぶといいでしょう。

そうすれば4K映像で臨場感ある映像で観戦することができます。また、低残像や低遅延タイプの機種がスポーツ観戦にはおすすめです。

テレビも省エネを意識したい

頻繁に視聴するからこそ電気代は気になりますし、地球のことも考えて省エネしたいと考える人も多いでしょう。

省エネしたいと考える場合であれば、ディスプレイを有機ELタイプの4Kテレビを選ぶか、液晶であればバックライトはエッジ型を選ぶようにしましょう。

まとめ

4Kテレビもこれから4K放送開始に向けて、更なる新機種が各社販売することが予想されます。

4Kテレビを購入する際には、利用用途を考えながら必要な機能に注目して選びましょう。そうすれば、4Kテレビの良さを最大限に感じてテレビ視聴を楽しむことができるでしょう。